2010年04月23日

求む先生、競走率高い県で1次突破なら筆記免除(読売新聞)

 神奈川県教育委員会は7月に実施する公立小学校教員採用試験で、青森、山形、愛媛、沖縄の4県で昨年に筆記試験(1次試験)を通過した受験生の筆記試験を免除する。

 4県は競争率4・7倍〜25・2倍。団塊世代の大量退職で採用人数を増やした神奈川県の競争率は2・5倍前後と低迷しており、優遇策は地方出身の優秀な人材を確保するのが狙いだ。

 発表によると、対象者は、7月11日に実施する筆記試験(一般教養・教職専門、教科専門)と論文試験を免除され、8月の面接試験と模擬授業に進む。採用予定は全体で580人程度で、一般の筆記試験通過者とともに最終選考を受ける。

 神奈川県の競争率は全国最低レベル。同様に低競争率に悩む東京都が地方会場での試験開催に踏み切るなど、首都圏の自治体が人材確保策を進めているため、危機感を強めていた。

村木被告「役所の仕組みを知らない検事が作り上げたもの」 郵便不正公判(産経新聞)
「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相(医療介護CBニュース)
雑記帳 ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
posted by オガタ リョウジ at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)

 神奈川県の松沢成文知事は13日の定例会見で、山田宏・東京都杉並区長らによる「首長新党」について「非常にしっかりした理念を持っており、応援したい」と述べ、支援する考えを示した。一方で「無所属を貫いている」と語り、入党や参院選出馬は否定した。

 松沢氏は「(山田氏らが訴える)地方、経済、国家の自立は私の目指す方向と一緒。永田町の既存のプレーヤーでは政治の改革は進められない」と評価した。両氏はいずれも松下政経塾出身。松沢氏は山田氏から新党への協力を求められたという。

【関連ニュース】
不正経理:神奈川2副知事を更迭 松沢知事
神奈川県不正経理:2副知事を今月末で更迭 松沢知事、厳格対応
松沢知事:相模原市の政令市移行で「県の将来像は広域自治体に」 /神奈川
かながわ書道まつり:松沢知事が席上揮毫「運と愛嬌」 /神奈川

<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
<明石歩道橋事故>元副署長、全面可視化を拒否(毎日新聞)
<JCOM>「デジ・アナ変換」来夏から実施(毎日新聞)
低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転−厚労省独自仕分け(時事通信)
posted by オガタ リョウジ at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。