2010年05月19日

覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁(産経新聞)

 大阪市西成区で昨年10月、覚醒(かくせい)剤と大麻を所持していたとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた京都大経済学部4年、吉岡風志(かざし)被告(28)の判決公判が12日、大阪地裁であった。今井輝幸裁判官は「使用目的という犯行動機は安易で、同情すべき点はない」として懲役1年8月、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 弁護側は吉岡被告が心神喪失か耗弱の状態だったとして無罪を主張したが、今井裁判官は「警察官からの職務質問に『研究用だ』などと合理的な弁解を行った」と指摘。「統合失調症に罹患(りかん)していたが完全責任能力はあった」と述べた。

 判決によると、吉岡被告は平成21年10月、大阪市西成区で、覚醒剤0.01グラムと大麻0.865グラムを財布などに隠し持っていた。

【関連記事】
ストリップのおかげ? 小向美奈子、アッチの活動も復活
JAYWALK・中村耕一被告に執行猶予付き判決
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
中国に限らぬ薬物「厳罰」 東南アジア諸国でも
元光GENJI赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決

<ナンジャモンジャ>瑞浪・神明神社で満開 雪が積もったような幻想的風景(毎日新聞)
<法務省>「本部係検事」初会合 足利事件受け全庁配置(毎日新聞)
バス炎上事故、機転の脱出・勇気の救助(読売新聞)
三セク元所長逮捕へ=回数券着服、被害2億円か−大阪府警(時事通信)
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書(時事通信)
posted by オガタ リョウジ at 01:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。