2010年01月28日

<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)

 防衛省が開発を進めている航空自衛隊の国産次期輸送機(CX)の試作機「XC2」が26日、岐阜県各務原市の空自岐阜基地で初の試験飛行を実施した。当初は07年9月に予定されていたが、部品の強度不足などトラブルが相次いで見つかり、開発計画が大幅に遅れていた。安全性が確認されれば、年度内に納入される予定。

 CXは耐用年数を迎えた輸送機C1の後継機として、防衛省が01年度に開発に着手した。機体は全長43.9メートル、全幅44.4メートル、全高14.2メートル。緊急援助など海外での活動も想定し、C1に比べて航続距離や積載能力が大幅に向上しているのが特徴だ。川崎重工業や関連メーカーが製造。開発費は海上自衛隊のP3C哨戒機の後継機(XP1)と合わせて約3400億円。

【関連ニュース】
海自ヘリ事故:防衛省に再発防止求める…長崎県大村市長
戦闘ヘリ:受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴
F15部品脱落:疲労亀裂が原因 防衛省が調査結果
防衛省:「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了

自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑−県警(時事通信)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
主婦が予想、今年の家庭と収入は「平年より下」(産経新聞)
立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
posted by オガタ リョウジ at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜・土蔵岳で滋賀県の夫婦遭難か(読売新聞)

 24日午前9時15分頃、岐阜県揖斐(いび)川町の土蔵(つちくら)岳(1005メートル)に登山へ出かけた男女2人と連絡が取れなくなったと、滋賀県内の山岳会から岐阜県警へ届け出があった。

 両県警と地元消防団など計約60人が現場付近や、ヘリで捜索している。

 岐阜県警の発表によると、行方がわからなくなっているのは滋賀県彦根市高宮町、造園設計業・大越久喜さん(47)と妻の玉代さん(34)。2人は23日早朝から、土蔵岳でスキー登山をし、夕方に帰宅する予定だった。

 2人は、滋賀県山岳連盟の山岳会「やまっこ」所属で、寝袋や予備の食料は持っているが、携帯電話は不通状態という。

 土蔵岳の積雪は山頂付近が約2・5メートル、周辺も1メートル以上あるという。今のところ、雪崩などの発生は確認されていない。

<火災>ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京(毎日新聞)
小沢氏、土地代4億円「自分の金」と説明か(読売新聞)
<ポカポカ陽気>もう春?延岡で20.4度(毎日新聞)
成人式妨害した18人、秋田市長に謝罪(読売新聞)
都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)
posted by オガタ リョウジ at 04:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。